株式会社三愛建設

株式会社三愛建設 お問い合わせ 株式会社三愛建設 サイトマップ

湘南,藤沢,鎌倉,茅ヶ崎,大磯で自然素材を使い体にやさしい木の家をつくる木造注文住宅会社の三愛建設

株式会社三愛建設 風がやさしく通り抜け,時の経過と共に素材の良さがあらわれる家
株式会社三愛建設
藤沢市羽鳥5-5-46
TEL:0466-33-9845
FAX:0466-33-9846

現代建築思考

あたらしいものであっても「ほんもの」を感じさせる空間があると同時に、古くから存在するものにも現代と融合しモダンと感じられるものもあります。
年月を重ねるごとに変化していく木肌のつや、土の持つぬくもりのある素朴な肌合い、そして加飾された物も含め和紙がかもし出す風合い、
これらのものが織り成すやさしい空間はえもいわれぬ美しさであると思います。
和を固定的な概念で考えることなく、自身の感性で美として捉え、伝統を現代の建築に取入れていく柔軟な考え方をしていきたいと考えます。

曳家

時代の要請に応じ進化した土蔵造り、是非残したいと考えました。
以前、あるお宅で新しい建物の配置計画上、土蔵が採光や景観に問題となって困ってしまいました。答えは曳家でした。

土蔵の曳家をしました。

曳家作業例はこちら!!

床の間

歳時(四季)を楽しむゆとりをもちませんか!
本来は、飾りで季節を伝えるための場所と考えます。
お正月に限らず3月、5月の節句人形や、掛け軸,生け花,花器などを飾り、年と季節をあらわし暮らしに潤いを与え楽しんでもらう空間です。
織部床や置床など簡素な床の間をしつらえたりするのも良いでしょうし、自由な発想で形(和室)にとらわれない場所にそのような空間を考えても良いと考えます。
玄関突き当たりの壁に洞床のようなニッチ、階段室内の壁やLDの壁にも同じようなニッチを設け、季節の花や花器など飾るのもおもてなしの気持ちが伝わると思います。
取込み付書院の床の間
取込み付書院の床の間
オリジナル床の間
オリジナル床の間

玄関ニッチ.1
玄関ニッチ.1

3階ホールエレベーター脇ニッチ
3階ホールエレベーター脇ニッチ
玄関ニッチ.2
玄関ニッチ.2

襖・からかみ

部屋との遮蔽を目的として用いられる襖。近年、和室が少なくなった事で紙貼障子と共に衰退してきています。
襖紙の加飾の技法のひとつである雲母摺り(※注)胡粉刷り(※注)のからかみ(唐紙)をリビングや洋間に取入れてみてはどうでしょうか。
土壁の肌合いに木肌のつや、自然にはぐくまれた和紙を重ねることでモダンでやさしい空間が生まれると考えます。

アイコン石畳
市松の文様は敷石から由来され、能装束や建築装飾に使われました。江戸時代に、中村座の歌舞伎俳優佐野川市松がこの文様をつけた裃の舞台姿が評判となり、喝采をあびたと伝えられています。
アイコン桜がさね
華やかさと、散り際の潔さ、雪のように降り積もった花びらが風に舞う様はえも言われぬものです。
石畳
石畳
石畳
石畳
桜がさね
桜がさね


※注 雲母摺り(きらずり)
雲母:花崗岩の粉を布海苔に混ぜたもの 雲母摺り:加飾技法の一つで、ふるいに雲母を含ませ軽く叩いて文様を彫った版木に顔料を移し、鳥の子紙などの和紙を版木の上に載せて手のひらで撫でるように文様を写し取る技法です。

※注 胡粉刷り(ごふんずり)
胡粉:貝殻を焼成して造った粉末の白色顔料
胡粉には光沢がないので、意匠の輪郭がはっきりと刷り上るのが特徴です。